サイトリニューアル完了のお知らせ

日常

ハローこんにちは!水乃です。
満を辞して新サイトオープンのお知らせです。

エムピクト・新サイト

エムピクトがWordPressサイトに進化しました!

やったー!!

ぱっと見の雰囲気は変わってないかと思いますが、コンテンツがだいぶ充実しました。すごいですねワードプレス。ギャラリーがカテゴリ別、タグ別に表示できるようになりとても便利になりました。
新しい作品沢山追加したので、良かったら覗いてみてくださいね。

さて今回のお引越し、具体的になにをしたのか、備忘録代わりに簡単に書いてみたいと思います。↓ ↓ ↓

①さくらのライトプランからスタンダードへ移行

ものすごく怖かったです。

どういう事かと言いますと、まず前提として、水乃のサイトは「さくらのレンタルサーバー」を借りて、成り立っているんですね。
今までのサイトはHTMLサイトだったので、さくらのサービスの「ライトプラン 」という1番安いサーバーを契約していたんですが、このライトプランなんとWordPressが使えないんです。
なのでワンランク上のスタンダードプランに変える必要があったんですが、困ったことにライトとスタンダードはそれぞれ独立したサービスとのことで、スイッチ一つでランクアップができないのです。困った!従って、

①ライトプランのサイトをドメインごと消滅させる。
②2時間空けてから、スタンダードプランでドメインを再取得する。

という手間をかけることにしました。
この世から消えるのは2時間だけとはいえ、すこし怖かったです。その間に他の人にこのドメイン取られちゃったらどうしようって笑
でも結果問題なくてよかったです(◜▿‾ ≡‾▿◝)ほっ

②サイトをSSL化

いつからだったか、http://から始まるサイトをiPhoneで見ると「安全ではありません」と表示されるようになった件、皆さまお気付きでしたか?
水乃の旧サイトも例に漏れずこの警告文が出ていて、とても不穏なサイトと化しておりました。なのでサーバー移動とは直接関係ないのですが、今回ついでに直しちゃう事にしました。
設定はわりと簡単で、さくらのドメイン設定からワンボタンで実装できました。
しかもリダイレクト、勝手にしてくれてるっぽい…?ssl化って元々そういうものなのか…?
知識がないのでなんともはやという感じですが、何はともあれ、こうして水乃のサイトは個人情報が守られる頑丈なサイトに進化を遂げたと言う訳でした。
ありがとうございました。

③ワードプレスを導入

教本と睨めっこしながら、なんとかクリアしました。
まずデータベースとやらを、初期ドメインにクイックインストールして、「m-minoru〜」のドメインでワードプレスが動くようにするんですね。上手いこと実装&ログインできたら、次は予めローカルで作ったデータのインポートです。
All-in-One WP Migration 」というプラグインを使えばワンボタンでデータが反映されると聞いてそちらを使いました。が、ここで思わぬ罠!

「アップロード上限」

ローカルで作ったワードプレスのデータが、200MBを超えていたせいで、容量オーバーだったんですね。
慌ててググったところ、解決策、見つけました。さくらサーバーのサーバーコントロールパネル 】>【 PHP設定の編集 とやらを弄ったところ、上限を300MBまで上げることができました。

ふー怖い怖い。

④Adobe analyticsとconsoleをなんとかする

備忘録代わりに、と最初に宣言しておいてアレなんですが、こちら現在進行形で悩んでます笑
analyticsは多分問題ないんです。解析できてます。
しかしconsoleが…なにか、おかしい。

エムピクト本館は良いんですが、Googleでの検索結果が…ここエムピクト・メモリがひどい事になってるんですよね。根気強く探すと表示はされるけど、旧サイトの時にヒットしてたワードで全く出てこない。しかも未だに古い方のサイト(削除済み)が出てくる。元ブログからの引き継ぎが、どうも上手くいかなかったようです。

新規サイトとして扱われてるんでしょうが、それにしても反映が…遅い…?

内容が重複したサイトのレッテルを貼られてしまったのでしょうか。真相は闇の中です。少し様子見て、ダメそうなら真剣にseoがんばってみたいと思います。

改めまして、よろしくお願いします

というわけで!3月頭から着手したエムピクト・ワードプレス化計画でしたが、なんとか完了しました。気付けば丸々2ヶ月かかってしまいましたね。まだ色々直したい所もあるけれど、とりあえず完成にして、暫くこの感じで運営したいと思います。
ギャラリー充実させて、夏に予定している第3回イラスト営業、頑張りたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます。
水乃みのるでした。

タイトルとURLをコピーしました