【展覧会】クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime【国立新美術館】

-美術館・博物館 感想

ハロー!こんにちは、水乃です。
先週会社を辞めたので、7月後半は楽しい楽しい夏休み!
行きたかった美術展に2つ行ってきました( ◜◡^)今回はその一つ目です。

「クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime」

国立新美術館で9/2まで開催中。
死後の世界のようなメランコリックな大型インスタレーションがドスンドスンと展示されていました。

作品「ぼた山」

ぼた山
噂には聞いていた、例の黒い塊。

めちゃくちゃでかいですね。写真では大きく見えたのに、実際に見たら小さかった、なんてことがありがちなのですが、そんなことありませんでした。めちゃくそでかい。
細い通路の先に見えてくる動線なんですが、まがまがしい迫力に圧倒されます。
近くにいる喋る黒服のマネキンがとても良い雰囲気。
最初は怖いんですが、いつのまにか親近感が湧いてくるので不思議です。

「保存室(カナダ)」

保存室
つい目を引かれる、視覚的なパワーがありますよね。

大量の古着が壁一面に張り付いてる、有名な作品です。
普通に生きてたらこんな光景には出会わないですから、歯車のずれた異世界に迷い込んでしまったような、えもいえぬ倒錯感がありました。
設置するの大変だったろうなぁ…ぼた山といい、質量責めの作品はついその背景に思いを馳せてしまいます。笑

「その後、ピック」

その後、ピック
個人的に一番気に入った作品。

展示物や自分の影が移動して、無重力にも似た不安定さを感じられて物凄く面白かったです。
ワンダーランドというかエヴァンの世界というか。
二階健さんとかマンタムさんの作品が好きな人は好きだなと。
見てて不安な気持ちにさせてくれる作品って、すごく作るの難しいと思うんですよ。
気持ちいい静寂でした。

まとめ

展示会場全体が澄んだ空気に満ちていて、静かで肌寒くて、お盆の時のような質感の展覧会でした。見るというより、そこにいること自体に価値が見出せる場所ですね。

ミュージアムショップにたどり着いた時の「はい、現実に戻りました」感は異常 笑
家族と一緒に行ってしまったので、長い間滞在できず、惜しいことをしました。
これから行く方はラフな服装で、一人で行くのがオススメです!

以上、水乃みのるでした!

タイトルとURLをコピーしました